誕生日のお祝いに 印鑑

注目記事

実印の必要や字体に関する考察

実印は学生のときには必要がほとんどないものの、やがて社会人になり、大人になるとやがて必要になるものになります。普段印鑑が必要になるものというのは、普通の認印であり、ほとんどのものはこれで十分ですから、社会人で実印を持っていない…

もっと読む

絶対必要!意外と簡単な実印の作り方

「実印、実は持ってない」という方、以外と多いんじゃないでしょうか?でも、実印が必要な時は必ず来ます。その時になって慌てないように、しっかり実印の作り方について知っておきましょう!
まず、実印とは役所に登録したハンコの事を言います。つまり役所が「このハンコは◯◯さんの物ですよ」ということを保証してくれる、ということになりますね。ですから100円ショップでも買えてしまう認印などと違って、マイホームの購入や相続等、かなり重要な場面で使われます。そんな重要な役割を持つ実印ですが、ハンコ屋さんであれば、どこででも作れます。「印鑑を発注」となると、お金がかかりそうなイメージですが、今ではチェーン店やネットショップなどで手軽に作ることができますよ(安くて3,000円くらい)。
さて、発注した実印用ハンコを手に入れたら次は役所です。役所に行って「これが私の実印です」ということを登録しないといけません。これが印鑑登録です。登録には実印用のハンコ・身分証明書・登録料(300円のところが多いようです)が必要です。最後に「印鑑登録カード」をもらったら登録完了。時間は10分もかかりません。
カードは「印鑑証明書」をもらう時に使います。いざという時のために、実印と一緒に紛失しないようにしておきましょう。以上、実印の作り方でした、結構あっさりしてますよね。本当に簡単ですので、あらかじめ作っておいたほうがいいと思いますよ。

実印とはどういうものでしょう

学生時代にはなかなか聞くことの無かった言葉に実印があります。印鑑は小学生くらいの子供も知っていますが、実印とは何だろうと思うようなことが社会人になると多く出てきます。さて実印とは何でしょう。実印は住民登録をしている市区町村の役所や役場に、自身の戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請して、受理された印鑑の事です。形がちゃんとしてきれいな箱に入っていても、登録をしていないものは実印ではありません。
50円や105円くらいで最近発売されている印鑑でも登録して、相手側(市区町村)に受理され登録されればそれが実印になります。実印はハンコの中でも、重要なハンコになります。法律上や社会において権利や義務の発生を伴います。実印は唯一性を守る為に銀行印や認印など他のハンコとの併用はさけて、認印のように家族共同で使うことの無いようにしなければいけません。
捺印を行う場合も書類の内容をよく読んで慎重に扱う事が大切です。あわせて三文版と言われる安価なハンコがありますが、これらは大半が機械で量産された同型印と言われるものです。という事は同じ形のハンコがいくつもあるという事で、セキュリティの上で問題が発生します。偽造です。絶対ないというわけでもないので、やはり実印に関しては気を付けて作成購入する必要性はあります。ただ、数十万円のハンコが良いというわけではありませんのでお間違えなく。

成人祝いに実印と銀行印のセットを贈る

親が子供に成人祝いとして色々なものを贈られると思いますが、贈り物の選択肢の1つとして、実印と銀行印のセットを贈ると言うのはどうでしょうか。住宅購入や重要な取引時に、本人の印鑑に間違いが無いと言う役所の証明を添付して使用する実印や、銀行などの金融機関の口座を起こす際に必要な銀行印は、まさに成人になって以降に必要となるものです。
黒水牛の角やチタン系金属の印材に、実印は氏名を銀行印は氏のみを、印相学に則った独特の字体で手彫りで誂えたセットを、押印する事の大切さを教えて贈るのも良いと思います。女の子で結婚すると氏が変わる確率の高い場合には、名のみを手彫りしてもらい、長く使えるようにすれば良いでしょう。
認印は3文判でも良いでしょうが、実印は役所で本人の実印である事を証明するほど重要な取引時に押印するものであり、偽物を作りにくくする側面と、取引が幸せに繋がるものである事を願い、縁起の良い印相学に則った字体で手彫りしてもらうのが一般的となっているのです。
成人を迎え、これから社会人として我が子が幸せな人生を切り開いて行く事を親として願う心と、実印に込める想いには共通のものがあり、これがまさに親から子への成人の贈り物として最適なポイントなのです。ネット通販でも購入は可能ですが、印材を手に取って確認したい場合にはデパートの印鑑売り場などで購入されれば良いでしょう。

節目の記念すべき日などには実印をプレゼントするというのもいいでしょう。なかなか自分で選んだりすることが面倒な実印は他人から贈られると、かなりありがたいのです。祝い事で贈り物に悩んだら実印を候補にいれてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

昔とはイメージが変わってきている実印

実印は、「大事なはんこ」であることはわかるが、実際に使う機会はどんな時なのでしょう。一般に実印を使う機会が訪れるとしたら、家を買う時、車を買う時というのがまず最初かもしれません。そして、車も家も買わなくても、親を見送っ…

もっと読む