誕生日のお祝いに 印鑑

昔とはイメージが変わってきている実印

実印は、「大事なはんこ」であることはわかるが、実際に使う機会はどんな時なのでしょう。
一般に実印を使う機会が訪れるとしたら、家を買う時、車を買う時というのがまず最初かもしれません。そして、車も家も買わなくても、親を見送った後に遺産分割協議書を作る機会は、殆どの人に訪れます。若い時ですと、印鑑という実にアナログなアイテムにさして重要性を感じる事なく、ついついなんでもよいと深く考える事なく簡単に手に入る印鑑を実印登録する人も多いようです。
成人、結婚、就職などの機会に親からプレゼントされたという訳でもなければ、高価な材料で実印を作る気にはなれないかもしれません。若い時はそれでもよいのですが、ある程度の年齢になるとやはりしっかりとした作りの実印を持ちたいと思うようになるのです。
最近の実印の材料は様々で、特に女性に人気のローズクォーツやラピスラズリ、クールな印象のチタンなど、昔のイメージとは違いファッション性も十分に感じられる物が多くなってきています。デジタル化がどんどん進む社会になっても、印鑑を販売する店は必ずショッピングモールにあります。印鑑に興味が無くても、いつか実印を持つ事になるかも知れないという前提で一度印鑑ショップを訪れてみると、自分の中の実印のイメージが変わるかもしれません。

おすすめ記事

昔とはイメージが変わってきている実印

実印は、「大事なはんこ」であることはわかるが、実際に使う機会はどんな時なのでしょう。一般に実印を使う機会が訪れるとしたら、家を買う時、車を買う時というのがまず最初かもしれません。そして、車も家も買わなくても、親を見送っ…

もっと読む