誕生日のお祝いに 印鑑

実印の必要や字体に関する考察

実印は学生のときには必要がほとんどないものの、やがて社会人になり、大人になるとやがて必要になるものになります。普段印鑑が必要になるものというのは、普通の認印であり、ほとんどのものはこれで十分ですから、社会人で実印を持っていない人もそれなりにはいるかもしれません。ですが、車や家を購入するときや、銀行からのローンを受けるとき、遺産などの書類などには必要になりますし、これから親から離れ独立し、家庭を持つことを考えていく場合には必須のものが実印ということになります。
そして実印というのは、つまり役所に印鑑登録をするものであり、それによって印鑑証明が取得できるようになります。その印鑑証明書が重要な契約をするときには必要になるということなのです。それで実印というのは、どんなものでも良いのですが、大量生産されているようなものでは、簡単に真似されてしまう恐れがありますし、なくしたりすると、不正に利用されたりする可能性も無ではありません。
それで実印はある程度高価なものをつくる人たちが多く、字体が真似されにくいもの、吉相体、印相体の字体でつくることができるかもしれません。そしてある程度高価なものは大切にしようと思いますので保管にも注意するようになります。

おすすめ記事

昔とはイメージが変わってきている実印

実印は、「大事なはんこ」であることはわかるが、実際に使う機会はどんな時なのでしょう。一般に実印を使う機会が訪れるとしたら、家を買う時、車を買う時というのがまず最初かもしれません。そして、車も家も買わなくても、親を見送っ…

もっと読む